SmartOption(スマートオプション)の注意点│100円からできる海外バイナリーオプションまとめ

SmartOption(スマートオプション)の注意点

日本語完全対応となっており、ユーザー視点に立った様々サービスを提供している
SmartOption(スマートオプション)でも、利用するにあたって
事前に確認しておくべき注意事項が存在します。

 

SmartOption(スマートオプション)で
快適なバイナリーオプショントレードをスタートするためにも
是非、注意事項を確認しておきましょう。

 

 

・出金時における注意事項

 

SmartOption(スマートオプション)は海外の業者であるため
日本国内の銀行口座へ出金を行うのが非常に面倒となっているのです。

 

中でもネット銀行、ゆうちょ銀行には出金することが不可能となっています。

 

銀行出金を行うにはSwift(スイフト)コード、
もしくはABA番号が用意されている銀行でなければだめなのです。

 

ちなみに、菱東京UFJ、みずほ、三井住友といった都市銀行であれば
Swift(スイフト)コードが用意されていますので、
これらの銀行口座を持っていない場合ですと出金時に苦労することになるでしょう。

 

もし、お近くにそういった銀行があるのであれば
SmartOption(スマートオプション)で口座開設を行うまえに
Swift(スイフト)コード対応の銀行口座を開設することをおすすめします。

 

 

・途中決済における注意事項

 

SmartOption(スマートオプション)のバイナリーオプショントレードでは
途中決済を行うことができないのです。

 

オプション購入をしたら満期時間まで結果が出るまで待つしかないのです。
これまで、途中決済が可能な他の業者を利用してきた方にとっては不便に感じるかもしれません。

 

しかし、満期時間の5〜15分前までオプション購入を行うことが可能ですので、
直前まで投資判断を見極める余裕があるというメリットも存在します。

 

 

・Internet Explorerブラウザにおける注意事項

 

SmartOption(スマートオプション)のホームページは
Internet Explorerでアクセスすると重いというデメリットがあります。

 

Internet Explorerを普段から使用している方には
サイトが重くなるというのは非常に厄介に感じるでしょう。

 

しかし、FirefoxやOperaとしった他のブラウザを使用することによって
この問題は解消されますので、そういった場合は
この方法でアクセスすることをおすすめいたします。