TRADERUSH(トレードラッシュ)の取引時間│100円からできる海外バイナリーオプションまとめ

TRADERUSH(トレードラッシュ)の取引時間

世界中の様々な取引銘柄で投資を行うことが可能となっている
TRADERUSH(トレードラッシュ)の取引時間帯は、
投資対象となる取引銘柄によってそれぞれ変わってくるのです。

 

それぞれの取引銘柄における取引時間帯は
ホームページ内の取扱銘柄一覧のページでも確認することができます。

 

取扱銘柄一覧にある銘柄をクリックすると大きく窓が表示され、
そこに詳細とともに取引時間も提示されています。

 

 

気をつけなければならないのはこれらの時間はGMTであることです。
(※GMTとはグリニッジ標準時のことです)

 

日本時間で計算する場合は、表記の数字に9時間を足してください。
そうすることによってGMTを算出することができます。

 

取引を行う対象のジャンル、銘柄によって時間帯が変わりますが、
全体的に日本の昼過ぎから翌朝までという時間帯が多くなっています。

 

例えばTOPIXなど東京証券取引所の株価指数などであれば
月曜日から金曜の00:30〜02:00GMTと04:00〜06:00GMTとなっています。

 

この場合、00:30〜02:00GMTと04:00〜06:00GMT9時間を足しますから、
日本時間でいうところの9:30〜11:00、13:00〜15:00ということになります。

 

アメリカの有名靴メーカーであるナイキは取引時間が15:00〜21:00となっています。

 

15:00〜21:00に9時間を足すと日本時間の真夜中の0:00から明け方の6:00となります。

 

このように、取引を行う銘柄によっては夜遅くから早朝までというものがありますから
一見取り引きしづらいと感じる方もいるようですが、
会社員など本業をほかに持っている方などにとっては実はかなり有利と言えます。

 

なぜなら、TOPIXなどでは昼間仕事をされている方には
取引を行うことが難しいのです。

 

夜間に取引を行うことが可能ということは、
仕事が終わり帰宅したあとにゆっくりとトレードできるということになります。

 

夕食を終えて一息ついたころに始まる銘柄であれば、
思う存分取り引きを楽しむことができるでしょう。

 

特にTRADERUSH(トレードラッシュ)で利用することができる
60秒オプションなどはひとつひとつの取引時間がとても短くなっていますから、
いくつもの発注や、それらの結果をリアルタイムに体感しながら
進めていくことができますので、
常にパソコンの画面の前で待機していられる時間帯が理想なわけです。

 

こういった取引時間の問題は世界中の銘柄を扱っている
TRADERUSH(トレードラッシュ)だからこそクリアできるポイントと言えます。

 

トレードラッシュではアメリカやイギリスのほかにも上海や香港、
サウジアラビヤやトルコ、インドなど
様々な証券所の銘柄や株価指数を取り扱っていて、
それらの国の証券所オープンに合わせて取り引きを行なっています。

 

日本にいながらにして世界を体感しながら、本格的に投資を楽しむことが可能なのです。

 

▼TRADERUSH(トレードラッシュ)口座開設はこちら▼