VantageFX(バンテージFX)の基本情報│100円からできる海外バイナリーオプションまとめ

VantageFX(バンテージFX)の基本情報

オーストラリアのシドニーを拠点とするVantageFX(バンテージFX)社は
日本では大々的に宣伝されているわけではないため、
国内での知名度は一般的に高いわけではありませんが
オーストラリア政府からの正式な金融許可を得て運営しており、
世界的に見たら有名な大手証券会社なのです。

 

VantageFX

 

VantageFX 口座開設申込

 

日本国内で例えるならば
「GMOクリック証券」、「FXトレードフィナンシャル」、「IG証券」
などの企業と考えていただければわかりやすいでしょう。

 

先にも少し触れましたが、
VantageFX(バンテージFX)はオーストラリア国内はもちろん、
世界各国から大きな支持を受けている人気の高い証券会社で、
日本国内でも年々利用者が増えてきていることは確かです。
※ここ最近日本人向けの日本語専用のページも増えてきています。

 

今後、国内でのVantageFX(バンテージFX)のシェア率は
更に高いものとなっていくと見られています。

 

多くのトレーダーに人気となっている理由は様々ありますが
なんと言っても取引環境が非常に充実しているという点が上げられます。

 

ウェブサイト上のプラットフォームから全ての取引を行うことが可能ですから、
特別なソフトをダウンロードすることも無く、
インターネットの環境さえ整っていれば、いつでもどこでも取引ができるのです。

 

また、取引最中でも権利放棄し、途中清算を行うことができますから
リスクヘッジへと対応した投資戦略を立てることが可能です。

 

ユーザー視点に立ち、融通が利くというポイントも
多くのトレーダーから人気を集めている理由です。

 

動作もスピーディーで操作性も非常に高く、その功績が認められ
2012年には優良証券会社として多くの賞を受賞しています。

 

 

対応言語は日本語はもちろんのこと、計60ヶ国語以上に対応しており
電話、メール、ライブチャットにて問い合わせることができます。

 

些細な疑問や、トレードのアドバイス、緊急のトラブルにも
全て日本語で対応してくれるため万全のサポート体制となっていますから
他国の言葉がわからない方でも安心して利用できるのです。

 

さらに、取引銘柄も非常に豊富となっており
VantageFX(バンテージFX)では計70種類以上の銘柄で取引することができます。

 

取引方法は、「ハイロウ型」「ワンタッチ型」「レンジ型」「ラダー型」に加え
取引開始から60秒で結果判定となる「60セカンズ」が用意されているため
自分自身のスタイルに合わせて様々な取引を行うことができます。

 

入金方法

クレジットカード/銀行送金/マネーブッカーズ/リバティリザーブ

最低投資額

10米ドル(1000円前後)

申込上限金額

1000米ドル(10万円前後)

取引手数料

無料

申し込み受付時間

購入受付締切時間の5〜15分後(60seconds除く)

ペイアウト率

165%~185%

 

▼VantageFX口座開設はこちら▼

VantageFX 口座開設申込